エシカルタイツアー カレン族の村で伝統の腰織りを体験 #4

P1160386_サイズ変更

P1160391_サイズ変更

P1160400_サイズ変更


藍染めや植物染めの体験をしているあいだに、村のお母さんたちが代わりに腰織りの続きを行っていてくれました。

熟練の手捌きでどんどん、と織っていきます。全体で2m半といった長さでしょうか。
ツアー参加者が昼食をとったり、植物染めをしたり、ジャックフルーツに夢中になっている間に織り上げてくださいました。その時間はわずかの2時間半ほど。お見事のひとことです。


織り上がった布の最後の始末だけ手伝い、カレン族伝統の腰織り体験は終了致しました。
ツアー参加者が実際に織ったところは、20cm程ではありますが、村のお母さんとの共同作業で一枚の腰織りの布が織り上がりました。

手紡ぎの糸を手染めで藍染めにした糸を腰織りした一枚の布。
ただの布ですが、そこにはカレン族の人々の伝統や歴史そして村の人々の想いが込められています。
今回は、ほんの少しではありますが、カレン族の人々の暮らしや伝統を垣間見ることが出来、さらに共同で一枚の布を織り上げました。

言葉や文化は違いますが、生活の為に布を織る(服を作る)行為や想いについて違いは無く本質は全く同じものなのだと気付くことが出来ました。



なぜ我々人間は、服を着るのか?
それは単純に身体を護るため。

身体を護ることが目的であれば、身体にとって害になる化学物質や化学薬品は控えるべきでしょう。
その本質を見極めたうえで、天然の素材や天然の染料にこだわった服作りを行っていきたい、と改めて思いました。
カレン族の村を訪ねて、麻布樂の服作りのコンセプトを再確認したしだいです。


P1160418_サイズ変更


お土産で差し上げたかまわぬの手拭いを鉢巻きにしてポースを決めるお父さん。
かまわぬのロゴがあしらわれた手拭いを見て、なんて書いてある?とのお父さんからの問いにマイペンライ!と答えた夕子さん。
見事なタイ語訳でございました。




タイ工藝ムラカプロデュース ヘンプ100%エシカルファッション
麻布樂 - m a h u r a -
*クリックで通販サイトへ移動します。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。