希少な天然籐の手付籠もセール価格で販売中 25日まで

P1100439r_サイズ変更sale


タイ中部バンコクより北へ2時間ほどの距離にあるクメール遺跡が遺る古都ロッブリーで作られた籐組の籠です。
この地域では、伝統的に籐を使った籠生産が盛んでした。

ロッブリー郊外にある村では、良質の天然の籐が採れ、自生している籐を使った籠が特産となりました。
自生する天然の籐は、とても上質でひび割れたり、ささくれ状に割れた状態になり難く、籠自体の良質な状態が続くのが特徴です。

自生している籐の減少が続き、現在では希少な存在となってしまっております。
特に黒籐と呼ばれる天然の黒い色が付いた籐は、もうほとんど採ることができなくなり、黒籐のかご製品は貴重な存在となりました。


1mm弱の太さに裂いた籐を丁寧に編み上げた手付きの籐籠です。
伝統的な模様をあしらわれた籠で姿も美しく、上品な仕上がりになっております。

手付きなので、旅茶籠として旅のお供にお気に入りのお茶道具をいれて旅先で一服というもの愉しそうです。


只今半額にて販売中。
是非この機会にお買い求めいただきたいと思います。


タイ製手付籐組籠<<<クリックで通販サイトへ移動します。


期間:平成27年3月14日土曜~3月25日水曜まで
割引率:4割~5割引き
対象商品:アジア伝統工芸品・和装バッグなど
*テキスタイル製品ならびに現代工芸作家の作品はセール対象外とさせていただきます。

タイ工藝ムラカ決算セール
平成27年3月14日0時より25日24時までに頂いたご注文のみ割引の対象となります。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)