ヘンプの吸水性について

P1140021_サイズ変更


ヘンプの特徴のひとつに優れた吸水性があります。
多孔構造と呼ばれる繊維の構造により、ヘンプは抜群の吸水性を発揮致します。

大麻(ヘンプ)の繊維を切断した断面図を見ると中腔と呼ばれる孔を確認することが出来ます。
この中腔の孔が大きいことで吸水性が優れると考えられています。

この優れた吸水性を利用してキッチンタオルを作りました。(現在は、ショールームのみでの取扱い。)
グラスなど食器の水分を拭くのに適します。
水気を残すことなく綺麗に水分を拭き取れるということで、これまでにご使用いただいたお客様からは好評をいただいております。


P1140022_サイズ変更
一カ月ほど使用したヘンプのキッチンタオル
木綿のように柔らかくなり、さらに水分の吸水性が増した感じです。


P1140026_サイズ変更
ヘンプの吸水性を活かして茶巾に仕立ててみました。
茶を点てる際に茶碗を拭くのに使用しております。
水分の拭き残しがないので、茶碗の見込みや茶溜り(底の部分)が綺麗に見ることが出来ます。


ヘンプは、様々な機能性を持っています。
その機能性や特性に合わせた商品開発を行っていく予定です。

ヘンプの機能性についても少しずつ紹介して参ります。


P1130768_サイズ変更
オーガニックヘンプエプロン
吸水性に優れるヘンプの特性を活かしたヘンプのエプロン。
吸水性以外にも制菌性や放電性など特徴の生きたエプロンです。是非お試しください。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)