タイ国産エシカルヘンプ糸

P1130301_サイズ変更


タイ政府による新規産業創出の一環として行われているタイ国内のヘンプ栽培が本格的に始まったようです。

ムラカで取扱い予定のタイ国産のヘンプ製品は、タイ国王妃による少数民族支援のためのプロジェクトのひとつです。
モン族が栽培したヘンプをアカ族が糸や布に加工して製品化する取り組みです。
タイ北部に住む少数民族を社会的にサポートするためのプロジェクトということで、ムラカではエシカルヘンプと呼び日本国内での製品加工や販売を計画しております。

タイ国産ヘンプの品質向上を目的に、タイのヘンプ製品メーカーのオーナーと一緒に栃木県の大麻栽培農家や本灰汁建て正藍染めの工房を視察して参りました。視察の様子はこちらをお読みください。⇒和麻織物(上布)の研究日誌


タイ国産ヘンプの布と共にヘンプの糸を取り寄せました。
灰汁に漬けて漂白したヘンプ糸は、大変柔らかく優しい手触りです。
ラミー(苧麻)とは違うヘンプ(大麻)ならではの肌に馴染む感触が心を癒します。

上質のヘンプ(大麻)の糸や布は、使いならした木綿と同じようにとても柔らかく肌に優しい触り心地なんです。
是非、この上質な触り心地のヘンプを多くの方にお届けしたいと思います。

まずは、これらの糸で織物(帯や反物など)の製作が可能かどうか実験してみる予定です。


化学肥料ならびに農薬などケミカルな薬品は一切使用しない完全なオーガニックのヘンプ糸です。
ヘンプの栽培からヘンプ製品の加工まで一貫して管理しているヘンプの糸なので安心してお使いいただけます。
品質はもちろんのこと安全性も含めて保証できるヘンプの糸や布は大変貴重です。

タイ国産エシカルヘンプ糸の販売も予定致しております。
自然布の染織作家の方などタイ国産のヘンプ糸にご興味のある方はお気軽にご相談ください。


和麻(大麻、苧麻)研究用の動画リスト


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。