カレン族伝統腰織&天然染色体験@チェンマイ レポートその4

カレン族伝統の腰織りの体験の様子を動画で撮影しました。
腰織り体験の様子をご覧ください。



まずは、講師となるカレン族のおばちゃんによるデモンストレーション

山間にあるカレン族の村は、とても静かで庭で飼っている子豚と鶏の鳴き声くらいしか聞こえてきません。

途中、右側をむいて「タカ、ゲン ノー!」と話していますが、偶然にこの村に居合わせたスワラジのタカさんに「タカは、上手だよね!」と話しかけています。
スワラジのタカさんは、以前にこの村で腰織りを習ったそうです。
腰織りで織った生地で作ったお手製のバッグを提げていましたが、とても素敵なバッグでした。



つづいてツアー参加者のOさんによる腰織り体験の様子。
とても真剣な表情です。
奥で見守る職人のおばちゃんの優しい表情も印象的。

今回のツアーでは、伝統的な腰織りの技術を継承するカレン族の職人の方から直接指導を受けるという貴重な体験をしていただきました。
ツアー参加者の方も満足していただくことが出来て好評を得ることが出来ました。

来年にも同企画のツアーの実施を行う予定です。
お楽しみに!

次回開催予定のツアーに関するお問い合わせなどお気軽にお寄せください。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。