お抹茶ワークショップ #2

P1130302_サイズ変更


今回もお抹茶やお茶道に興味のある方が集まりワークショップに参加いただきました。
自宅で気軽にお抹茶を美味しく頂く方法を学ぶことが目的のこのワークショップ。

ワークショップに参加いただく為に設けたひとつの条件がございます。
それは、かならずお抹茶碗を持参すること。
お抹茶碗をお持ちでないかたは、お茶碗に相当する器をお持ちいただいております。
(どうしても用意できない方には、こちらでご用意したお茶碗を無料で貸し出しております。)

P1130316_サイズ変更

P1130314_サイズ変更

P1130311_サイズ変更

普段は煮物など料理を盛っているという鉢やカフェオレボウルそして作家ものの茶碗など
とても個性的な器が並びました。

こうやってさまざまなお碗がならぶととても興味深く面白いです。
茶碗と茶筅があればお茶を点てることができると申しますが。

実際に茶筅を使ってお茶を点てると、お茶を点て易いお茶碗というものが分かってきます。
・茶筅を振るのに振りやすい底の広い茶碗。
・茶筅を振るときに安定した茶碗の作りであること。
・厚手の茶碗は手に持った時に熱くない。など

お抹茶碗を購入する時に注意する点など茶碗の選び方なども学ぶことが出来ました。
陶芸店や陶器市などで目にするお抹茶碗を見る時の視点が変わりそうです。


今回は、当店にて取扱いさせていただいている茶杓師の荘司杓呆氏にも参加いただきました。
お茶杓の製作についても少しだけお話をいただけました。
P1130309_サイズ変更
杓呆氏が特別にお土産として持参頂いた紙製のお茶杓
カラフルでとても可愛らしいお茶杓でした。気軽に使えるお茶杓としてもよさそうです。


このワークショップをきっかけに茶の湯の世界や日本文化の知識を深めていきたいと思います。


タイ工藝ムラカセレクトの茶籠・茶道具
茶湯のお道具や着物の小物など“和の文化”に寄り添う上質なアジアの工芸品をセレクト

会員登録いただいたお客様には、その場で使える500円分のポイントもサービス!
合計金額10,500円以上で全国送料無料のサービスも実施中!


タイ工藝ムラカの雑記帳>>>タイの工芸品仕入にまつわる事、タイの事などつれづれに語ります。お付き合いください!

スポンサーサイト

お抹茶を美味しく頂く方法ワークショップ

P1130190_サイズ変更

P1130197_サイズ変更

P1130203_サイズ変更

お抹茶を美味しく頂く方法ワークショップ

日本伝統のお茶であるお抹茶を自分で点てて飲んだ経験はありますか?
甘味処のお店などでお抹茶を頂くことはあっても、自服(自分でお抹茶を点てる)でお抹茶を点てて一服するということはあまりないことかもしれませんね。(お茶道のお稽古をされている方を除いて)

コーヒーや紅茶を家庭で淹れて気軽に飲むのと同じようにお抹茶も自服で点てて頂きたい。との思いからお抹茶を美味しく頂く為のワークショップを催しました。

今回は、近所のお茶道教室の先生(表千家)にお願いをしてお抹茶(お薄茶)の点て方を指導していただきました。

まずは、お茶碗に熱湯を注いでお茶碗を暖めます。←これは中国茶と同じですね。
熱湯を注いだお茶碗のなかに茶筅を入れて清めます。
などなど初歩的な所から勉強しました。

ワークショップを進めて行くうちにこれまで疑問に思っていたことがどんどんと浮かんできます。
お抹茶の粉や注ぐお湯の量はどのくらい?使った後のお茶杓はどこに置けばいいの?なぜお茶碗を廻すの?お茶碗の正面を避けるためですが、お茶碗の正面ってどこ?といったように質問が飛び交います。

定められた所作には、すべて意味があることを教わります。
納得するたびに「なるほど~。」と感慨を含む声が漏れます。

お抹茶の点て方を習い、その通りにお抹茶を点てて頂くと本当に美味しいものです。
自分で点てたお抹茶を口に含んだ瞬間にお茶の甘さや香りが拡がり、「おいしい~!」表情がふわっと明るくなります。

お抹茶は苦いもの、と思い込んでいましたが・・・美味しいお抹茶の粉を用意して、正しい方法で点てたお抹茶はとても甘くて美味しいものでした。お抹茶に対するイメージが変わったようです。

今回はかなり所作や作法を省略したお盆点(ぼんたて)について指導していただきましたが、次回以降は正しい所作やお作法も身に付けてみたいと思いました。



お抹茶ワークショップ #01 by タイ工藝ムラカ

タイ工藝ムラカセレクトの茶籠・茶道具
茶湯のお道具や着物の小物など“和の文化”に寄り添う上質なアジアの工芸品をセレクト

会員登録いただいたお客様には、その場で使える500円分のポイントもサービス!
合計金額10,500円以上で全国送料無料のサービスも実施中!


タイ工藝ムラカの雑記帳>>>タイの工芸品仕入にまつわる事、タイの事などつれづれに語ります。お付き合いください!

中国茶講習会 台湾産茶葉の美味しい飲み方を勉強しました

P1080801_サイズ変更

P1080805_サイズ変更

P1080816_サイズ変更

P1080819_サイズ変更


中国茶芸師でもある高橋先生をお迎えして中国茶の飲み方や中国茶の種類など中国茶に関する基礎を勉強しました。

中国茶は、主に緑茶、青茶、白茶、紅茶、黄茶そして黒茶と大きく6つの種類に分類されるそうです。
その中でも烏龍茶などに代表される青茶を4種類試飲させていただきました。

中国茶芸で用いる独特の茶道具の使い方なども勉強しました。
蓋椀(がいわん)と呼ばれる蓋付きの茶碗を使ったお茶の飲み方も独特で楽しい物です。

他にもお茶の香りを楽しむための聞香杯(もんこうはい)や茶壺(ちゃふう)と呼ばれる小さな急須など可愛らしい道具が机いっぱいに登場してお飯事のような様子でとても楽しい気持ちにさせてくれます。

茶壺、茶杯、茶海、茶則、茶托など中国茶の道具を一通り揃えてみたくなります。
中国茶の道具を収める籠は、どんな形・サイズの物がいいのかなど想像するのもまた楽しいですね。


中国茶と一言で言っても茶葉の原産地によってまったく味や香りが違うことに驚きを覚えます。

今回は、中国茶の基礎について勉強しました。
今後も中国茶の講習会を重ねて、中国茶について知識を深めていきたいと思います。

次回の中国茶講習会は、7月以降を予定しております。
参加希望の方は、ムラカまでご連絡くださいませ。



+++ムラカセレクトの茶籠、茶箱、茶道具+++


食べTHAI★ VOl.3

食べTHAI★ in 水戸 Vol.3開催のお知らせ

ムエタイやタイ料理など多数の本を執筆されているライターの下関崇子氏が主催するタイ料理教室「食べTHAI★」
水戸で開催いたします。

今回は、タイ北部の街チェンマイの名物料理ゲーンハンレーとサイウアの2種類を作ります。

IMG_2132_サイズ変更
ゲーンハンレー(ミャンマー風カレー)
タマリンドの酸味とハーブのスパイシーな香りが食欲をそそる豚肉を煮込んだカレー風の料理です。

6(64)_サイズ変更
サイウア(チェンマイ名物のソーセージ)
豚肉の旨味にレモングラスやコブミカンの葉などさわやかな香りが口に広がるソーセージ。

北タイの名物料理を一緒につくってみましょう!
お申込みお待ちいたしております。

P1080447_サイズ変更



日時:6月29日土曜日 午前のクラス10時から13時まで 午後のクラス:14時から16時まで
*午後のクラスは、調理した料理をお持ち帰りいただきます。
タッパーなど料理をいれる容器をご用意ください。


場所:東部ガスショールーム(水戸駅北口より歩いて4分)
水戸市 宮町2-8-14
029-231-2241

講師:下関崇子氏

参加費:4,000円(材料費込)

定員:12名まで(各クラス)

予約締切:6月26日水曜まで

持ち物:タッパーやジップロックなどの料理を入れる容器など

<お問い合わせ先>
(株)ムラカ
水戸市栄町1-11-30#01
電話&ファックス:029-357-8415
メール:info(a)muraka-eshop.com / muraka_style(a)yahoo.co.jp *(a)のところを@に変更して下さい。
担当:村上まで

竹かごつくり体験ワークショップVol.2 開催のお知らせ

IMG_1365_サイズ変更

竹を編んでかごを作ってみませんか!?

前回の竹かごつくり体験ワークショップに参加いただいた多くの方より好評を頂けたので、第2回目を開催するに至りました。

日本人にとってとても身近な植物である竹。
ここ最近は、エコロジ-なアイテムとして竹のかごが注目されております。

花を活ける花かごとして、お菓子や果物をいれるかごとして・・・。
いろいろな場面で使用することができる竹のかごつくりを体験します。

生活の道具としてご利用いただけるかごを一緒につくりましょう!

お申込みお待ちいたしております。


講師:今泉 可南子氏 竹のかごの制作「小さな竹かご店 ハチタスニ」店主

去年の9月におこなわれたあおぞらクラフトいちでブースがお隣だったことがご縁となり、今回のワークショップ開催に繋がりました。
あおぞらクラフトいちでは、毎回素敵な方との出会いがあり、あおぞらクラフトいちには感謝致しております。
(あおぞらクラフトいちは、4月28日日曜・29日月曜(祝)に開催されます!)

日時:5月18日土曜日 午前のクラス10:00~12:30 午後のクラス14:00~16:30
定員:各クラス8~10名ずつ 最大20名
場所:まちなか情報交流センター(水戸市南町2丁目6-12三栄ビル1階) ☆MAP☆
参加費:4,000円(材料費込)

お申込み&お問い合わせ
株式会社ムラカ
水戸市栄町1-11-30#01
電話:029-357-8415
メール:muraka_style(a)yahoo.co.jp *(a)を@に変更して送信してください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。