FC2ブログ

バンコク出張から戻りました

P1410090_サイズ変更




先日、出張先のバンコクから戻りました。
今回の目的は、新規の仕入れ先の開拓とプラニー工房への発注が主な目的でした。

プラニー工房には、かごバッグを中心に新商品の製作を依頼して来ました。
来年中には販売できる予定です。
それからお客様から問い合わせを頂いていたピグンの茶籠も来年中には入荷できそうです。

やはり、直接会って話すことの方がコミュニケーションが円滑で理解しやすいことに気が付きました。
タイ語を話せるからSNS内でのコミュニケーションで十分だ、と考えていたのはまったくの思い違いでした。
いまさらですが反省しています。

新規開拓の件については、また改めてご報告差し上げます。



現地で仕入れた商品もほんの少しだけありますので、順次ご紹介させていただきます。
最高気温37度の地から最高気温が16度の日本に戻り、身体がまだ気温に慣れていませんが風邪をひかないように気を付けます。





タイ工藝ムラカオンラインショップ:https://muraka.shop/
プラニー工房作竹細工:https://muraka.shop/?category_id=59f144a0428f2d2cb100115c
タイ工藝ムラカフェイスブックページ:https://www.facebook.com/muraka.jp/
プラニー工房作竹細工動画集:https://www.youtube.com/playlist?list=PLKorzQrk5ysOvGfm2aitCnPNikUhk9VwO

スポンサーサイト

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

きょうから仕事始めの方も多くいらっしゃるのでしょうか?
タイ工藝ムラカは、年末にご注文いただいた商品の発送など年末年始もゆるりと営業しておりました。
営業といいましても、オンライン専業ですので暇を見つけては煮込み料理をつくったり、初詣に出かけたり、とのんびり過ごさせていただきました。

今年は、タイ工藝ムラカがプロデュースするヘンプ100%のエシカルファッションの麻布樂を本格的に推進していく予定です。
タイ王室が公認して栽培されたヘンプを手織りで織り上げた最高品質のヘンプ布を日本の方にも知っていただきたいとの強い想いから始まった麻布樂プロジェクト。
麻布樂の専用ホームページの設置や各種イベントへの出店などを通して積極的にPRしていく所存です。

これまでに人気だったプラニー工房の竹細工も継続して販売していきます。
新商品の入荷が遅れておりますが、気長にお待ちいただけましたら幸いです。


本年もタイ工藝ムラカを応援していただいているお客様に喜んでいただける品を提供できるよう精進させて頂きます。
変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



メイン(ロゴ)_サイズ変更

麻布樂 - m a h u r a - ムラカ本店
http://www.muraka-eshop.com/products/list.php?category_id=55
麻布樂 - m a h u r a - iichi支店
http://www.iichi.com/shop/mahura
「本麻・正藍染め 自然布を纏う」


東京国立市の古道具店 コレノナ

P1150183_サイズ変更

忍び駒 @岩手県花巻市

とある案件の用事で東京都国立市を訪ねて参りました。
個性的なショップが多く散策をしていても楽しい街ですね。

古い日本の籠が目に入り、ふと古道具店に立ち寄りました。
仕事柄でしょうか、普段からどうしても籠が気になるようです。

若い女性がセレクトした古道具が並びます。
女性ならではの目利きでセレクトされた古道具は、いずれも姿の愛らしさや佇まいの美しさを感じる品ばかり。
そのなかで馬の藁人形を求めさせていただきました。

岩手県花巻地方の民芸品で忍び駒と呼ぶようです。
岩手県観光ポータルサイトでは以下のように案内されています。

稲わらを材料にした簡素な馬人形で花巻地方独特なもの。全国に馬にちなんだ郷土玩具は多いものの、ほかに類を見ません。恋などのためにわら馬をつくり、円万寺の観音堂に夜ひそかに納め、願い事の成就のお礼に黄や赤の布をしめて納めたという伝説をもつ。縁結びに由来する民芸品。

名も無い職人がその土地にあるものでもの作りをする民藝品の背景は、タイの籠などの工芸品や民芸品のもの作りと繋がります。
大切な文化として大事に残していきたいですね。

「縁結びに由来する民芸品」ということで多くのお客様とご縁が繋がることをお祈りして大切に飾りたいと思います。


IMG_1205_サイズ変更

古道具 コレノナ
東京都国立市北 1-12-2 松澤ビル1F
ホームページ⇒

神宮大麻(おおぬさふだ)を飾って新年を迎えました

P1140785_サイズ変更


新年明けましておめでとうございます。
本年もご愛顧のほどお願い申し上げます。

新年は、商売繁盛の神様としても有名な笠間稲荷神社へお詣りして参りました。
新たな年を迎えたということで、新しい神宮大麻(おおぬさふだとも呼びます)とお札を頂戴致しました。

神宮大麻に関する詳細は、下記を参照ください。
神宮会館 神宮大麻をご家庭に。

神宮大麻(じんぐうたいま)と名のとおり、以前は実際に精麻(大麻の繊維)が使用されました。
大麻の繊維には、邪気を払い清める力が宿っていると信じられております。

P1140793_サイズ変更
栃木県鹿沼産の精麻


新しい神宮大麻を飾り、新年を迎えることが出来たことに感謝をし、また一年お客様の為に出来る事を精一杯努力して参りたいと思います。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。
タイ工藝ムラカ 店主 村上 彰